AOBAについて

 

Aobaについて

AOBAは1976年に埼玉県ふじみ野市で日本茶専門店として青葉園を開業いたしました。
創業者の飯白源二が静岡県森町出身であり、静岡茶の茶師として働いていた経験があったことから埼玉県にありながら主に静岡茶を扱っていました。
茶師として働いていたこともあり自分自身でお茶をブレンドし青葉園特有の味を出すことがことができ、好評を博しました。
その後1982年に同ふじみ野市内2店舗目である上福岡駅前店を開店、そして川越市に3店舗目となる高階店を開店しました。
2021年3月に高階店を全面改装し新しくAOBA Tea Dealer And Retailer としてリニューアルオープン、今まで日本茶の販売のみだったものを紅茶、烏龍茶、白茶、ハーブ等幅広く取り扱い日本茶販売店からお茶の総合販売店へと新しい形態のお店へと変えました。

 

店主  飯白福人

大学を卒業後、静岡にある丸七製茶株式会社へ入社し日本茶の荒茶の仕上げから製茶まで携わり、その後抹茶の製造、加工を行い7年間、静岡県で過ごす。


日本茶以外も勉強をしたいと紅茶の本場の国イギリスへ渡る。英国王室御用達であるFortnum and Masonへ入社。2年間イギリスでお茶の修行をする、さらにそこでUK Tea Academyへも通いイギリスでのお茶の資格を取得。Fortnum and Masonで働きながら現地に住んでいるイギリス人や日本人へ向けてお茶の講演活動を行う。イギリス人には日本茶の講演を、現地に住む日本人には紅茶の講演をし、100人の定員が1週間で埋まることもある人気講演へとなった。

F&M


2019年日本へ帰国、インドに本社を置く紅茶会社であるPremier’s Teaへ入社。インド紅茶をさらに勉強し、2021年3月埼玉県川越市にお茶の総合販売店AOBA Tea Daeler And Retailerをオープン。現在は店頭に立ち茶葉の販売を行いながらオンラインでのお茶のセミナーを行っている。

 

セミナーの詳細はイベント情報よりご覧いただけます。

Clubhouseでも活動中です。こちらよりフォローお願いいたします。